大相撲引退後の話③<スーパー店長時代>

スーパーマーケットの店長時代、本当にいろんな経験をしました。
良いことも悪いこともたくさんあって、この話で本を書いたらドラマ化できるんじゃないかというほどの出来事がありました。

クレーム対応もたくさんありましたし、バイト募集のときには面接申込に電話してきた子がとんでもないやつだったりとか、はたまた試しに万引きGメンを依頼してみたら1日で4件も摘発されて、事務所が警察官だらけになったりとか、違う日には万引きした女性があまりにも大泣きするからちょっと同情してたら

ベテラン万引きGメンのおばさまが耳元で
「これ、こいつらの常套手段だから騙されないで!」と。

でバッグ調べたら、ハンガーが付いたままの洋服が5着くらい出てきて、万引きどころか窃盗のプロだったりとか。

従業員のトラブルもかなりあって、新しく採用したバイトによるレジ金窃盗事件とか、野菜を入れる大きな冷蔵庫の中でビール飲んでる中年バイトいたりとか、まだまだ書けないような話はたくさんあって、本当ドラマにしてもらいたいくらいです。

クレーム対応で、「返金しろよ!」とか「いますぐ謝りに来い!」みたいなものもあって
お客様の家まで謝りに行ったことも何度もあります。
ただ、すごい怒っていたお客さんも、ドアを開けて私を見るなり
「・・・・ぉぉ、今度から気をつけろよ・・・・。」みたいにトーンダウン。
「はい、すいません。今後気をつけます」ってこちらがいうと

「俺もおたくのスーパーが好きだからキツく言ったんだけど・・・。」みたいな感じで
逆にすごい気を使ってもらって。
でも電話で話すより直接謝ったほうが良いなというのが私のクレーム対応でした。

ある日、求人申し込みの電話があって
若い女性の声で

「バイトやりたいんだけど」って
いきなりのため口で

こちらが丁寧に
「ありがとうございます。ご希望の職種は何でしょうか?」って聞くと

「ショクシュ?ってなんだよ。知らねーよ」って

なので「職種って、惣菜部とか、鮮魚部とか、精肉部とかの働く部門の種類ですが、何かご希望ありますか?ご経験とかも」って聞くと

「肉だな!肉!だって私、魚触れないから」と。

で経験の有無を聞いたら、未経験とのこと。バイトも初めて。
年齢は16歳。

なので、「面接とかってこの電話からすでに始まってるから、ちゃんとした話し方でお話しないと面接すら出来ないですよ」って話をしてあげて、分かったのかと思ったら

しばらく黙ってるから、理解できたのかなと思いきや

「じゃぁ私に、死ね!っていうことだな!」

って。

すごい奴が電話してきたなぁと。

そんなことも良き思い出。本当人生勉強できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です