大相撲引退後の話①

大相撲現役中には、玉ノ井部屋のみんなと「お相撲さんブログ」を書き引退後に始めたのが「元・お相撲さんブログ」

引退した当初、ブログにはそういう感じは出してないですが、今後の人生に結構悩んでいたものです。
現役中には、強くなるぞ!とか出世するぞ!とか明確な目標がありましたが
引退した途端、目標が無くなってしまい、これからどう生きていこうかを模索してました。
正直、目標があるって幸せなんだなぁとも思いましたし
自分って何者なんだろうとか思ってました。
どういうことかと言うと、今まで初めて会う人とかにも
「お相撲さんの田代です」みたいな分かりやすいものがありましたが

「田代さんは何をしてる方ですか?」

「・・・・。普通に会社員です」

と答えるんですが、間違いはないのですがそう答えた後に何かとても違和感を感じたのです。
相手が「この身体で?なんの会社員なの?」みたいに思ってるのではとか、変な自意識過剰な部分がありました。

だから自分は、なんと名乗れば良いのかとか、何を目標で生きて、何をしていこうかとか
結構真剣に悩んだものです。

このブログのおかげで、「みんなの大相撲」という本を出版した時、本を出した達成感もありましたが「みんなの大相撲著者」という肩書というかプロフィールが出来たことが、何気に嬉しかったです。

自分が何者なのか、相手に説明する肩書というかプロフィールみたいなものを常に探していたのかも知れません。

このブログを読み返してみると当時の私は、自分が何の仕事をしてるのか、ブログ上では公表せずちょっと隠していたようです。なので自分の仕事のことがあんまりちゃんと書いてなかったので、これから私の引退後の人生を少しずつお話していきたいと思います。

引退後、私は知人の会社に就職し、初めにやったのは小さな番組制作会社に就職しました。
そこでは、地元のケーブルテレビの番組を制作したりしていたのですが、私が入社したあと、その番組が打ち切りになったり、会社の雲行きが怪しくなりましたが、幼稚園の卒園アルバムを作ったり、運動会の写真撮影して写真を販売したり、はたまた学習塾用の入試願書の証明写真を撮影したりと、細々と雑務をこなしていました。そういうのは、昔から得意というか、独学ですがカメラなどいじれたのですぐに仕事をすることが出来ました。ただ雲行き怪しくなった会社の空気を感じ取り、わずか半年でその会社を退職しました。

次に就職したのは、現役中から大変お世話になっていた後援会事務局長が経営する地元密着のスーパーマーケット。
従業員は社員・パートを合わせて最大で約70人はいるスーパーマーケットでした。

写真はスーパーマーケットに勤務時代の写真。

スーパーでの話は、次のブログに書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です